Facebook

初期研修プログラム

初期研修医 待遇・応募要項

研修の特徴

研修の特徴①(総合内科)

当院の内科は専門分化されていないため、消化器疾患、循環器疾患、感染症など様々な疾患に対応しており、同時期に多様な疾患を持つ患者の担当になることができます。
担当症例数や疾患については各医師のスキルやニーズに応じて指導医が割り振っています。
研修医が少ないため、手技も多く経験することが可能です。

また各科の垣根は低く、気軽に相談できる環境の研修です。

研修の特徴②(地域医療)

地域の病院・診療所や高次機能病院との密接な連携のもと、地域医療を展開しております。
当院を含めた地域医療振興協会の基幹型研修病院での研修では地域医療研修を3ヶ月以上設けており、研修場所を当協会が運営する数々の地域医療機関や県内MMC卒後臨床研修センター参加病院や施設から選べます。

研修の特徴③(精神科)

これからの高齢化社会において心の病を抱える老人の増加が予想され、初期研修中に精神疾患患者の対応を身につけておくことは、今後の診療に大きく役立つと考えられます。

当院では総合病院には数少ない精神科病床(100床)を併せ持ち、初期研修では、精神科病棟以外に外来にて初診時の問診を担当することができます。

ローテート科/研修病院

【必須科】

・内科   ・外科   ・救急部門   ・小児科

・産婦人科 ・精神科  ・地域医療

【自由選択科】

・麻酔科  ・整形外科 ・脳神経外科  ・呼吸器外科

・泌尿器科 ・眼科   ・耳鼻咽喉科  ・放射線診断科

・病理科  ・皮膚科  ・脳神経内科  ・緩和ケア科  ※その他多数

 

【協力型臨床研修病院】

・横須賀市立うわまち病院 ・東京ベイ・浦安市川医療センター

・練馬光が丘病院     ・三重県立総合医療センター

・横須賀市立市民病院   ・市立四日市病院

・伊東市民病院      ・鈴鹿中央総合病院

・石岡第一病院      ・三重中央医療センター

・日光市民病院      ・三重県立こころの医療センター

・西吾妻福祉病院     ・三重大学医学部附属病院

・町立湯沢病院      ・市立伊勢総合病院

・上野原市立病院     ・松阪市民病院

・いなべ総合病院     ・松阪中央総合病院

・済生会松阪総合病院   ・藤田保健衛生大学七栗記念病院

・市立大村市民病院    ・伊勢赤十字病院

・公立丹南病院      ・津生協病院

・東京北医療センター   ・鈴鹿回生病院

・市立恵那病院      ・四日市羽津医療センター

・市立奈良病院      ・桑名市総合医療センター

・公立黒川病院      ・名張市立病院

・村立東海病院      ・尾鷲総合病院

・飯塚市立病院      ・三重県立一志病院

・台東区立台東病院    ・岡波総合病院

・紀南病院        ・遠山病院

・亀山市立医療センター  ・伊賀市立上野総合市民病院

・永井病院

【臨床研修協力施設】

・女川町医療センター   ・越前町国民健康保険織田病院

・あゆみ診療所      ・町立南伊勢病院

・鳥羽市立神島診療所   ・三重県伊勢保健所

・与那国町診療所     ・揖斐郡北西部地域医療センター

・東通村診療所      ・磐梯町保健医療福祉センター

・小笠原村診療所     ・東京都神津島村国民健康保険直営診療所

・公立久米島病院     ・六ヶ所村地域家庭医療センター

・いなずさ診療所     ・おおい町保健・医療・福祉総合施設診療所

・伊豆今井浜病院     ・地域包括ケアセンターいぶき

・山北町立山北診療所   ・公設宮代福祉医療センター

・シティ・タワー診療所  ・十勝いけだ地域医療センター

・鳥羽市立桃取診療所   ・関市国民健康保険津保川診療所

・戸田診療所       ・西岡記念セントラルクリニック

・あま市民病院      ・真鶴町国民健康保険診療所

・おかむね医院

 

 

 

 

ローテートスケジュール例/先輩の声

単位:週

1年次 1~5週 6~10週 11~14週 15~18週 19~23週 24~27週 28~31週 32~35週 36~40週 41~44週 45~48週 49~52週
内科 救急科 外科(整形) 精神科
2年次 1~5週 6~10週 11~14週 15~18週 19~23週 24~27週 28~31週 32~35週 36~40週 41~44週 45~48週 49~52週
小児科 産婦人科 地域医療 選択

・先輩研修医の声

*三重県立志摩病院 初期研修のメリットについて
<萩原 莉花 医師> 初期研修医

当院で研修可能な診療科は主に内科、外科、整形外科、精神科になります。特に内科は診療科の区別なく、総合内科としての研修となります。志摩、南伊勢の広い地域から患者様が集まり、軽症から重症まで幅広い症例が多いことが特徴です。救急外来症例の場合は、経験豊富な指導医のもと、初診から入院、退院まですべての過程に研修医が積極的に参加できます。

また、全国各地に多数の提携病院があり、自分のやりたい分野をより強い病院で学ぶことができます。特に地域医療は研修期間が3か月と長く、ジェネラリストとして、より地域での実践に特化した医療を勉強できます。

今後どの診療科に進むにしても、患者様を総合的にとらえる力は必ず必要になってくるため、ぜひ一緒に志摩で研修しましょう!!

<前田 遥 医師> 初期研修医

当院の魅力の1つは内科研修です。一般内科として、同時に消化器、循環器、呼吸器、神経内科…と様々な疾患の患者さんを受け持ち、指導医と一緒に診療にあたります。高齢者が多い地域であるため、基礎疾患をコントロールしながら主疾患の治療をしなければならいことが多く、幅広い分野の知識を横断的に活用できるよう日々研鑽を重ねています。

 病院の規模はそれほど大きくはありませんが、研修医として身につけるべき技術は学べますし、研修医が少ない分、手技をできる機会も多く、+αで勉強になることもたくさんあります。

 興味のある方はぜひ一度、見学に来てください。

<天野 光一郎 医師> 初期研修医

私からは、他県出身者から見た他の利点について述べたいと思います。

東海地方に関わりの無い人間にとっても、志摩病院は大変過ごしやすい場所だと思います。人間関係についても、毎年東京ベイや自治医大から三年目以降の先生が複数名来られるため、大変風通しが良いです。就職して現在数ヶ月過ぎましたが、疎外感や独特のルールといったものを感じたことはありません。

また僕は学生時代の成績は悪く優秀とは言えませんでしたが、初期研修医には上級医が常に一対一で指導してくれるので、否が応でも実力は上がっていきます。もちろんそのための勉強も必要ですが、雑務もあまり無いので勉強時間は十分に確保できます。

志摩病院は、三重県にこれまで縁もゆかりもない方や、やる気はあっても勉強面に不安がある様な方にも、研修先として十分過ごしやすい病院だと思います。

 

初期研修医 待遇・応募要項

身分

公益社団法人地域医療振興協会 正職員

給与

1年次 年俸650万円程度(当直手当含む)
2年次 年俸750万円程度(当直手当含む)

諸手当

当直手当、通勤手当、扶養手当 等

当直

月4回程度(最大月6回まで)

休暇

有給休暇(1年次10日、2年次11)、夏季休暇(3日)、年末年始休暇、慶弔休暇等

宿舎

医師宿舎あり(空き状況により入居可能)
賃貸住宅を借りる場合、住宅手当として当院規定により支給(最高27,000円)

健康管理

定期健康診断(年2回)、予防接種

応募資格

第116回医師国家試験合格予定者、マッチングプログラム参加者

募集人数

3名

試験日程等

令和3年8月中旬

会場:三重県立志摩病院

※上記以外も随時行いますのでお気軽にお問い合わせください。

応募書類

・履歴書 ダウンロードはこちらから

・卒業証明(見込)書

・自分の特技を証明できるもの(写真、賞状等)

応募締切

令和3年7月30日(金)16:00までに必着

※その後は定員に達するまで

応募連絡先

下記お問合せフォームよりご連絡下さい。

折り返し担当よりご連絡致します。